Wednesday, January 01, 2003
著作権は放棄しませんが、転載自由です。じゃんじゃん使ってください。
Copyright c 2002 Aichiken Hyouryu All rights reserved.
Reproduction in whole or in part without permission is free.
But send mail to us, as far as it is possible.
www.a-hyouryu.com Quick Links [HOME] [NEWS] [CONTENS] [ABOUT] [MAP] [FAQ] [LOG] [BBS]
Quick Links [HOME] [NEWS] [CONTENS] [ABOUT] [MAP] [FAQ] [LOG] [BBS]
このページに関する著作権は「愛知県漂流」が所有しますが、
転載は自由なのでじゃんじゃん使ってください。
その際はメールいただければ嬉しく思います。

Copyright c 2002 Aichiken Hyouryu All rights reserved.
Reproduction in whole or in part without permission is free.
But send mail to us, as far as it is possible.
実家[HOME]
最新情報[NEWS]
内容物[CONTENTS]
自己紹介[ABOUT]
構造[MAP]
質疑応答[FAQ]
履歴[LOG]
掲示板[BBS]
連結[LINK]
手紙[MAIL]
購入[BUY]
☆愛知県漂流の今までの軌道☆
2002年 11月 久々の街ネタシリーズ&おバカ表紙「廃墟じゃぱん東海編」発売。遠藤文庫によりホームページも大リニューアル。
2002年 10月 本の物々交換専門店コレコーレとの共同企画クリエーターズ・フェスタ「コレ! コレ!! コレ!!!」をまる1ヶ月開催する。セトホマ大活躍。
2002年 9月 名古屋のアングラ・アートシーンに肉迫した第5号「カワイイはむずかしい」ページ増量で発売。カワイイは本当に難しかったぜ!
2002年 8月 名古屋星ヶ丘にある「コレコーレ」と知り合い、意気投合。初のショップ紹介の記事作りが進行する。
2002年 7月 石原敏行が全面的に手掛けた鮮やかな表紙が清々しい夏号「今年の夏はもらった!!」発売。漂流のカルチャーサイドがてんこ盛りの内容。
2002年 6月 やがて漂流の「おバカ」サイドを全面に担うこととなる阿部良が必然的に合流。古本マニアのセトノオトコホマレと二代目漂流HP担当の近藤小夜子が同時に出現。出会いの6月となる。
2002年 5月 第3号「夜景特集」、神田印刷様にお叱りを受けつつ、無事完成&発売!! 担当者の尽力により、県内の大学内の生協での販売が実現!!
2002年 4月 「パソコン触ったことないけど、レイアウト部隊希望します」 と、 ある意味大胆な発言で川村がやってくる。
「いやあ、買う時、恥ずかしくて表紙を伏せちゃいましたよ」と、 ニコニコしながら小川が登場。
2002年 3月 創刊2号「愛知県裏観光マップ」発売!!
「斬新なレイアウトっすねえ」と、石原が事務所にフラっと立ち寄り、その日より、デザインをなし崩し的に任せることに。 創刊号の小演劇のチケットプレゼントを応募してきた、遠藤を捕獲。 しかも、未だにチケットは渡しておらず。
2002年 1月 創刊号、「7つのアンダーグランドカルチャー!!」発売開始。
2001年 冬 創刊号の取材と編集、営業を開始。
2001年 秋 某アート作品マーケットで出会った平松マスミ、編集部のしつこい依頼に、 イラストの参加を決める。
2001年 夏 池田、海外留学の為、脱退
的場三枝、加入
編集室を同じ熱田区に移転
2001年 春 池田、再加入(肩書きは営業)
高木健一、加入
内田、脱サラ
「愛知県漂流創刊準備号」発表。初の書店営業開始
( 池田・酒井・内田高木・ヘルパー芳山)
2000年 冬 内田、学生時代からの恋人と結婚。
酒井、脱サラ
名古屋市熱田区の酒井の借りたアパート内に編集室開設。
2000年 秋 小林香奈、加入
2000年 夏 池田、脱退
岩倉市共同生活解散
2000年 春 岡崎のタウン誌リバーシブル編集部、稲垣氏を訪問
1999年 冬 池田、岩倉市共同生活に合流
中野幸子、加入
<上の階の住人、井上さんより、度重なる苦情が来る>
1999年 秋 池田勉、加入
1999年 夏 一悶着の末、佐藤脱退。雑誌ビジター日の目を見ず、撃沈
1999年 春 佐藤、大学院卒業。
1998年 冬

佐藤、岩倉市の共同生活に合流。雑誌ビジター立ち上げ準備

1998年 秋 酒井・内田、岩倉市にて共同生活開始。雑誌立ち上げ準備開始
1998年 夏 「野球狂騒時代第二号」制作途中にて、投げ出す。
1998年 春 「野球狂騒時代」制作。知り合いに強制的に売りつける。
大不評。
内田、大学卒業。就職。
1997年 冬 幾度たる引き止め計画にもめげず、鄭さっそく脱退
1997年 秋 学生時代の機関紙発行で顔見知りだった酒井竜次、内田琢也、
佐藤盛洋、鄭行基が集まり、編集集団立ち上げ。
愛知県漂流の
不審な行動
♯10
愛知県漂流の取扱い店舗続々増加中!! CDショップ、小牧のペニーレインさん、名古屋市覚王山のK&Kさん、名古屋市熱田区伝馬のSOUND4343本店さん。そして小演劇劇場の名古屋市中区の名演小劇場さん。第4号より発売決定だ!!

♯9
9月7日(土)に岐阜県めいほうスキー場で行われるレイブ「大車輪」のフライヤーのスポンサー枠に愛知県漂流の名前が乗っかります!! 「大車輪」 9/7(土曜)15時 〜 8(日曜)朝10時までのオールナイト。DJ TOYO(大車輪/SKYLAZER)KIYO(大車輪/SxOxLxO)MAYUKI(TRYFLER)他。

♯8
三河の聖地、蒲郡市にある三河大島で3日間ぶっ通しで開催される、レイブ&野外ライブイベント「BIG ISLAND」のフライヤーに愛知県漂流の広告がマッチ箱よりも小さい枠で登場!! 機会があったらチェックしてね!! 尚、このイベントの開催は8月2日〜8月4日。
問合せは事務局090-3851-5512(柘植)まで。

♯7
漂流スタッフ、ラジオ初出演決定!! 岐阜県多治見市にあるFMPiPiの人気番組「マンデー・テクノ・サービス」(DJ・TOYO)の最終回にゲスト出演。生放送の番組に酒井と遠藤がお邪魔します。6月24日21:00〜。チェック・イット!!

♯6 
名駅裏のミニシアター、シネマスコーレでも愛知県漂流 発売決定!!アジア映画好きな皆様、漂流をよろしく。ゴッド姉ちゃんたちが売ってくれるよ!!
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO